デバイス

「ウェアラブル」での作業を実現するスマートグラス、
WCc(Wearable Communicator)

既存デバイスの課題は
コニカミノルタのWCcが解決

これまでのスマートグラスは、「大きすぎる」「重すぎる」「視野が狭すぎる」
「映像で前が見えない」などの課題を抱えていました。
保護具との併用や長時間の利用を想定した場合、現場で使用するには安全性や作業者
への負担に問題がありました。

「軽い」「小さい」「よく見える」を実現した設計で実用性を担保。現場で使用する
ことを第一に考えて、作業に集中できるような仕組みを多数搭載しています。
必要な操作もほとんどありません。

「現場で本当に使える」に
こだわりました

・約80%の透過率で、映像表示時も視野を確保
・ヘルメットはもちろん、眼鏡や保護ゴーグルとの併用も可能
・マニュアル露出調整で逆光にも対応
・外部カメラと接続可能で、パイプの中などの暗所もしっかり見えます

様々な分野で活躍するスマートグラス

  • ケーススタディ

    設備の老朽化や現場の多様化が進む中、豊富な知識や経験を持った熟練者不足が問題となっています。
    コニカミノルタの遠隔ソリューションで、そんな問題を解決します。

  • 導入事例

    弊社のWCcとSmart Eye Syncをご利用いただき、課題解決を実現したお客様の声をご紹介いたします。

現場側構成

1ヘッドマウントディスプレイ
35gの軽量と80%の透過率、視野遮蔽を防ぐ様々な設計によって、 現場作業を邪魔することなく必要な情報を表示することができます。 内蔵カメラにより、現場の情報をリアルタイムで伝達するほか、 その場で静止画・動画を保存することができます。
2ペンダントボックス
逆光や暗所などに対応するための露出調整や、撮影などの操作をする箇所です。
現場でも簡単に使えるようにシンプルなボタンになっています。
3PC
Wifi接続やアプリケーションの操作を行う為のPC部分です。
WindowsOSのため、セキュリティ要件への対応も容易です。

現場作業を邪魔することなく、視界や映像、資料を共有。
書き込みなど、映像と音声+αの機能で一歩先のコミュニケーションを実現します。
現場で判断ができずに困るということはもうありません。

スムースなコミュニケーションを実現する
アプリケーション

+αのコミュニケーションの為の様々な機能を搭載したアプリケーション、「Smart Eye Sync」についてはこちらをご覧ください。

デバイス仕様

WCc-X5

分類 項目 WCc-X5 主な仕様(※)
グラス部  外形寸法 160 × 300 × 47mm (突起含まず)
質量  約35g (ケーブル除く)
表示 方式 光学シースルー式ホログラフィックディスプレイ
画素数  1280 × 720
画角  25度
カメラ 画素数  200万画素 (静止画),31万画素(動画 15fps)
制御部 外形寸法 165 × 85 × 20mm(突起含まず)
質量 約310g
OS Windows 10 Pro
無線LAN  IEEE802.11 a/b/g/n/ac 準拠
Bluetooth Bluetooth 4.2
バッテリー 種類  リチウムイオンバッテリー 2600mAh
連続使用時間※1 約2.5時間(WCc-X5カメラ、無線LAN、通信アプリ使用)
動作温度 0℃~35℃(但し、充電は5℃以上)

CONTACT

導入やお見積りなどお気軽にご相談ください

  • よくあるご質問

    製品やサービスに関するよくあるご質問はこちらからご覧ください。

  • 資料ダウンロード

    カタログ・マニュアル・導入事例などの資料をダウンロードすることができます。

  • お問い合わせ

    検証・導入に関するお問い合わせや、お見積やお申込みはこちらからお送りください。